専攻医募集要項

 

放射線科専門研修プログラム全文はこちらを御参照ください。

 

募集新規専攻医数

2022年度放射線科専攻医募集定員:4名

<付記事項> 
放射線科専攻医募集定員は、専門研修施設群の診療実績および専門研修指導医数等の教育資源の規模ならびに地域の診療体制への配慮により、日本医学放射線学会および日本専門医機構が以下のごとく数値上限を設定しています。本プログラムでは、この基準に基づいて募集定員を決定しています。

専門研修応募者の選考方法

【専攻医受入数の上限】
専門研修施設群全体としての単年度当たりの放射線科専攻医受け入れ総数は、専門研修施設群全体の ①専門研修指導医数、②年間CT検査件数 / 3000、③年間血管造影・IVR件数 / 60、および④年間放射線治療件数 / 60のうち、最も少ない数を上限とします。なお、都市部(東京、神奈川、愛知、大阪、福岡)の都府県に基幹施設がある研修プログラムの場合、原則として、過去の採用実績を基にした専攻医受入数の上限も加わります(過去5年の専攻医採用実績の平均値を超えない)。この上限を超えた場合は、年次で調整します。また、都市部の選択に関しては、地域への派遣実績等も考慮して決定されます。

1)応募資格
初期臨床研修を修了した者、もしくは2021年3月までに修了見込みの者
なお、2021年4月以降に修了見込みの者については、専門研修プログラム統括責任者までお問い合わせください。また、研修開始の要件として、日本医学放射線学会への入会が求められることを申し添えます。
2)応募期間
「未定」
ただし、定員に達しない場合は追加募集を行うことがあります。その場合には、昭和大学医師臨床研修センターにてお知らせします。

3)提出書類
昭和大学横浜市北部病院放射線科専門研修プログラム応募申請書
① 履歴書(臨床研修センター指定)
② 返信用封筒(角形2号封筒に120円切手貼付、氏名、送付先記入)
③ 医師免許証(写:A4サイズに縮小)
④ 臨床研修修了証明書または臨床研修修了見込証明書(本学臨床研修課程履修者は不要)
⑤ 推薦状1通(臨床研修センター指定)
※推薦状は臨床研修施設の臨床管理委員長、又は病院長によるものとする。
 尚、期限までに間に合わない場合は、要相談。本学臨床研修者は不要。
※応募書類は昭和大学医師臨床研修センターへ郵送またはご持参ください。
※採用・不採用に限らず、上記の提出書類はお返ししません。予めご了承ください。

申請書は昭和大学医師臨床研修センターよりダウンロードしてください(http://www.showa-u.ac.jp/PCTC/)。電話での問い合わせ (03-3784-8299)あるいはe-mail での問い合わせ(s-senkoui@ofc.showa-u.ac.jp)でも入手可能です。

4)選考方法
書類審査、筆記試験および面接により選考します。試験の日時・場所等は別途昭和大学医師臨床研修センターにてお知らせします。

5)書類提出先・問い合わせ先
昭和大学医師臨床研修センター事務室事務課 宛
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話:03-3784-8299
E-mail:s-senkoui@ofc.showa-u.ac.jp
URL:http://www.showa-u.ac.jp/PCTC/

6)その他
事情により募集期間、試験日時等に変更が生じることがあります。昭和大学医師臨床研修センターに最新情報を公開しますので、そちらをご確認ください。